遂に最終層に到達しました。
思えば長い道のりでした。負けては出直し負けては出直しの繰り返しで、気付けば何時間もプレイしていました。
攻略に必要なスキルがあればパーティにアシストして。
アシストされているキャラに関しては外す作業から。
思い出すだけで、疲れを感じちゃいます

そんなこんなもう終わりです。
いよいよ最終層。
固定パーティである事から完全にパズル力を試されるんだと思います。
詳細内容はこちら

なんと落ちコンすら来ない模様。
運でどうにかなるものでもないようです。操作時間は8秒あるので、まだましかもしれませんが。
元々の操作時間は4秒なので、2倍になってます。とは言え決して長くはないと思われる為、気を引き締めて行きます。

ここさえクリア出来れば
「ヨルムンガンド=ユル」
が入手可能。

それでは参ります。

★5コンボ要求★

お初にお目にかかります。
最初は5コンボ以上を要求されます。
盤面には大量のお邪魔ドロップを生成されます。
お邪魔を分割し、5コンボ以上で突破。

…と思いきや何故か死んでしまいました。
ダメージが入らない事から攻撃してきたと考えられる為、
恐らく光ドロップは必ず組まないといけないようです。
はい。やり直し。
光ドロップ含む5コンボで突破。

★6コンボ要求★

盤面を暗闇状態に。
超暗闇ではない所が優しいです。
これなら盤面をなぞりながら暗闇を解除して行き、コンボをするだけです。
気楽にパズルします。
 

またしても…
緊張からなのか普段のパズルが出来ません。操作時間の短さも余計に焦らしてきます。
はい。やり直し。
やり方は何も変わりません。
なぞりながら解除していき、
コンボを組む。
暗闇盤面でコンボを組む事は普段からよくある話なので苦戦する事なく突破。

★7コンボ要求★

ここから急激に難しくなります。
暗闇と違い雲はなぞってもドロップは見えません。組んだと思っても本当に組めているのか不安になり、自ずとパズルが遅くなりがちです。
とりあえず雲の部分を1個ずつ確認。
雲の中にドロップが繋がっていればそのまま落としを使います。
感覚的には、下部分に縦に3個繋げ、
上部分2個のドロップは触れずに落とす作戦です。これなら雲部分を無駄に触る事がない為、不安も少しは解消されます。
残りは盤面の右半分に平積みしていき、
コンボします。


口で言うのは簡単なんですよね…
理屈じゃないとはこの事…
ここで数回…いや数十回負けました。
数えられない位。
ドロップが近ければ簡単なんですよね。
遠いと操作時間が足りません。
少し運が絡んでいると言っても
過言ではありません。

何度もチャレンジする毎に少しずつ慣れていき、なんとか突破。
この時点でもう同じ事はしたくないと思い始めます。

★8コンボ要求★

中段横一列をお邪魔に変換。
一見楽そうに見えますがそんな事は有りません。8コンボ決める為につながっているお邪魔ドロップを分割する必要があります。
組み方は平積みが一番簡単だと思います。但し、ドロップがお邪魔で遮られている可能性があります。
上の画像だと水ドロップが該当します。
この場合水ドロップをお邪魔に通さないといけないので、ドロップ操作に時間が
かかりがちです。
操作スピードに自信があれば良いのですが、ない場合はお邪魔を左下又は右下に縦3個並べて、上のドロップ2個を落とすやり方が早いのでオススメです。
落としは普段している方なら簡単に
出来ますが、普段から落とさない人は
いきなり落とそうと思っても上手くいかない為、練習が必要です。

ここで数十回負けました。
正直盤面の運もだいぶ重要です。
ドロップが数セット離れている盤面だと
操作時間がギリギリです。
ミスしたら間に合わないので、
一回のミスは命取りです。
そして、それがプレッシャーになり、
負の連鎖が始まります。

気楽に行ければいいのですが、
なかなか上手くいかないものですね。

★9コンボ要求★

このどうしようもない盤面…
ため息しか出ません。
そもそも9コンボ自体楽ではないのに、
お邪魔や爆弾が追加。
この爆弾が一番厄介です。
爆弾は繋げて消さなければなりません。
仮に1個2個消す事が出来なかった場合、繋げたドロップより先に、爆弾を中心に縦と横の全てのドロップが爆発で消えてしまい、コンボが出来ずに負けになってしまいます。
つまり爆弾を消し忘れた時点で負けと
いう事になります。

爆弾の繋げ方は
4個×2セット
3個・5個の1セットずつ
の2パターンしか存在しない

自分で組みやすいほうか、盤面次第で変えていく必要があります。
オーソドックスなのは
下一列に2コンボ平積みをし、
爆弾を縦に4個並べ、
中央部分で残りのドロップを繋げていく方法です。

5個・3個の組み方だと必ず落としが
必要になる事から慣れている人にしかオススメは出来ません。

ここで1時間ほど時間を使いました。
何度もやり直して行く内に集中力が途切れ、5コンボ付近でつまずき始めました。

何度も何度もチャレンジして
ようやく次へ進めた頃には、
脳が崩壊寸前状態の時。

★10コンボ要求★

スタート位置を固定させられるが
お邪魔や毒ドロップは一切無し。
真っ向勝負の10コンボ盤面。

いよいよラスト。
普通に考えればこんなの簡単なんですが、負ければまたやり直しと考えてしまい、とてつもないプレッシャーに
見舞われます。
盤面を見てわかる通り間違いなく
爆弾の方が厄介です。

プレッシャーに押し潰されないように
深呼吸してパズル。
しかし、スタートした瞬間に
持っているドロップが違う事に
気付きました。どうにか修正しましたが、間に合わずゲームオーバー。
プレッシャーに負けないようにと思うばかり、やられてしまいました。

廃人になる瞬間でした。

少し沈黙したのち、悔しさが込み上げ、
再度チャレンジするも爆弾が上手くいかずに、沼にはまってしまいました。
気付けば魔法石が15個ほど無くなっている事に気付く。

しかしこうなるともう止まらなくなって
しまうんです。
何がなんでもクリアしようと数を
こなして行き、なんとかラストまで
行きました。

ここでアプリを一旦閉じて
休憩する事に。

5分程時間をあけて再度チャレンジ。

10コンボ決めるだけ

と頭にたたき込みパズル開始。

何度目の正直でしょうか。
 

遂に白蛇の地下迷宮完全制覇。
「ヨルムンガンド=ユル」獲得
 

今回新ダンジョンと実装された
白蛇の地下迷宮
目的を絞る事が重要だと思います。
まず、このダンジョンは中盤辺りから
ライト層(本気でのめり込めていない人)や無課金者にはかなり厳しい仕様となっています。
キャラがいてパズルが上手くてやっとクリア出来るダンジョンだと素直に思いますのでどこに目を向けるのかが
重要だと言えます。

★目的が魔法石★
ノーコンで進められるまでで
無理をせず素直に諦めましょう。
コンテニューをしてしまうとクリア報酬の魔法石は意味が無くなります。

★目的が潜在たまドラキラー★
魔法石をどこまで使ってもいいのか考えて、計画的に進んで行きましょう。
最終層まではコンテニューが可能なので、1層にどれだけ使うかがカギになります。闘技場3が安定クリア出来る人なら
追いかける必要は全くありませんが、
クリア出来ないが、潜在たまドラキラーは欲しい。という人にオススメ
(ダンジョンによっては複数回コンテニューしてもクリアしにくいダンジョンがあります。ダンジョンを知った上で、
どこでコンテニューをして魔法石の消費を抑えるか計画を立てましょう。)

★目的がヨルムンガンド=ユル★
この場合無条件で突き進むしかありません。普段からガチャを回していれば
キャラが揃っていると思うので、9層までは試行錯誤を重ねる事で攻略可能です。
パズルに自信が無ければコンテニューして行きましょう。
クリア報酬で魔法石が1個貰えるので、
1コンまでなら損はありません。
問題の最終層ですが、数を踏むしかありません。数を踏んでいれば慣れてきます。そして何より綺麗な盤面に当たる時がきます。

★綺麗な盤面とは★
スタート前からすでに
ドロップの配置が作りやすい状態。
操作時間があまりかからない為、
サクサク進みます。


それでもクリアが出来なければ
諦めるか知人に頼むかのどちらかになります。
こればっかりは仕方ありません。
今回のダンジョン全てに言える事ですが、このダンジョンはキャラを持っている事が前提になります。始めて間もない人や普段からプレイしていない人には
難しいです。
そして最終層ではパズル力が試される。
なんていう記事をネット上で良く見かけますが、ドロップ運が大きく絡んでいる事に間違いは有りません。
作りやすい盤面と作りにくい盤面とでは
操作時間に差が出ます。
勿論、パズル力が無くてはどんな良い盤面でもクリアは出来ません。
最終層は運とパズル力が重要だという事を
頭に入れておきましょう。