モンスターハンターコラボで無料で入手可能なハンター♂
水属性の究極進化
「ハンター♂・ミツネX装備」
10コンボで最大火力

マルチプレイ時の圧倒的強さから
人気が急上昇しています。
人気の理由として高火力かつ安定したパーティである事と
属性やタイプに縛りがないことから、サブの自由度が非常に高い事が挙げられます。

火染めや闇染めや木染めなど、幅が広すぎる為、
今回は水属性パーティを紹介します。 

 
サブでの運用よりはリーダーとして
活躍が見込める性能です。 
リーダースキル・スキル・覚醒スキルからオススメパーティとサブ候補を紹介
※リーダー運用+マルチプレイ限定で
紹介する為、サブ候補はどちらか片方に
入れていれば安定して立ち回る事が可能です。所持していないキャラでも
一緒にプレイする相手側に入れれば
大丈夫なので幅は非常に多いです


★パーティ編成時のオススメ★
まず最も注意しなければならないのは
バインド対策
自身にバインド耐性を持っていない為、
バインド攻撃を受けるもひとたまりもありません。
せっかくの全パラメータ補正もバインド攻撃でリーダースキルが発動されず、等倍になってしまいます。
低難度ダンジョンであれば耐久可能でも、高難度ダンジョンではそうはいきません。
バインド=ゲームオーバー
だと考えておいて良いでしょう。
つまり、このパーティは
バインド対策無くしてあり得ない
言えます。
☆気をつけるべき点☆
属性強化の覚醒スキルを持ったキャラはなるべく使用しないという事。
横一列に組んだ時点で盤面最大コンボは
9コンボに減少します。
ドロップが偏っていた場合、7〜8コンボが最大になってしまう為、
火力が安定しなくなります。
つまり、2wayを持っているキャラも
相性が良いとは言えません。
4個消しをした時点で同じく最大コンボは
下がります。
しかし2wayに至っては、スキルによって
補助する事が可能です。
コンボ加算スキルを上手く使用していけば活かす事が出来るでしょう。
よって最もサブに適している覚醒スキルは3個消しで効果が発揮される
コンボ強化・ドロップ強化
だと言えます。

★★★一方を攻撃的なパーティにし、
もう一方はサポートに徹する★★★
マルチプレイだからこそ出来るパーティ編成です。高い火力を出せるように
片方のパーティには攻撃的なスキルを持つキャラを編成し、敵をなぎ倒して行きます。覚醒スキルは相性の良いコンボ強化やドロップ強化を複数持ったキャラがオススメ。
もう一方のパーティにはバインド耐性が100%のキャラでバインド回復が可能なキャラや妨害対策が可能なキャラを積んで行きます。
☆バインド回復キャラ例☆
水属性かつバインド耐性100%持ち
でスキル又は覚醒スキルにバインド回復が付いているキャラ

☆バインド回復アシストキャラ例☆
アシストであれば属性を選ばずに
パーティに組み込む事が出来る為
非常にオススメです

最もオススメなのは上記画像で
紹介した「完治の光」のスキルを持ったキャラをパーティ内にアシストするという事。スキルでHPとバインドが全回復する為、先制ダメージや割合ダメージに
対応しつつ、同時にバインド回復まで
行えるという優れものです。

☆注意点☆
 
サポート側のパーティにも
必ず火力が出る覚醒スキルを入れておく
高難度ダンジョンでは連続して火力が
必要になる場合がある為、
サポート側のパーティでも盤面次第で
火力を出せるように、覚醒スキルにコンボ強化やドロップ強化を含んだキャラを
選出しておく
要はパーティ内に妨害対策スキルをアシストしておくという事。

知らない相手と行く場合は使えない
知り合いや友達など、パーティをお互いで話し合える環境でなければ、
使えないパーティ編成です。
俗にいう野良と呼ばれるような
全く知らない人とマルチプレイを
する場合、パーティが噛み合わない可能性が非常に高いと言えます。
相手はあなたのパーティを全く知らない訳ですから、あなたが、サポート側のパーティで入っても、相手もサポート側のパーティの可能性もあるという事。
この場合、無駄にサポートスキルが
増えてしまう為、肝心な火力が
疎かになってしまいます。

★★★両パーティをミラー編成にする★★★
エンハンスやバインド回復など
自分のパーティで妨害対策をして行くが、相手側にも同じようにパーティを
組んでもらう。この場合、お互いが火力を出しながら進んでいける上、少ない妨害であれば都度都度対応可能です。

☆注意点☆
お互いが同じような組み方になっている為、エンハンスやバインド対策スキルが
無駄になりがちです。
リーダースキルの火力補正も決して低いわけではない為、
エンハンススキルを使用せずに終える事やスキルが噛み合わず負けてしまうパターンもあるという事。

コンタクトを取ることが可能な相手であればどちらの編成の仕方でも問題ありません。所持しているならば、ミラー編成でも良いですし、所持していなければ、
サポートと攻撃で分けたパーティ編成も
可能です。
ですが、コンタクトを取ることが出来ない相手と行く場合、必ず自分のパーティ内で妨害対策を積んでいきましょう。
ハンター♂・ミツネX装備は妨害に
強い訳ではない為、ちょっとした妨害で一気に弱体化する可能性が非常に高い。

★パーティ紹介★
★ドロップ変換を意識したパーティ★
ベルゼブブ対策+火力を出したい時の為に陣を打つ為にスクルド
スキルの回転率を意識してヌト
ドロップ変換とコンボ加算で火力事故を
防ぐ為に軍茶利明王
バインド対策+陣で覚醒ねね
ドロップ変換を多く積んでいる為、
常に攻撃していけるようにしています。
ヌトのスキルが4ターンで打てる為、
欠損時は優先して使用していきます。

★相手側に求めるサブ★
遅延スキル

水ドロップ目覚めスキル

バインド回復スキル

エンハンススキル
(アシスト用)

火力は決して低くないものの、
事故を防ぐ為にエンハンスが必要です。
エンハンスはいくつもありますが、
高い倍率とスキルの回転率を考えて
メルクリアが良いでしょう。
バインド回復は覚醒ねねで行えるものの、出来れば温存しておきたい為、
相手側にいれば尚安定します。
相手側に求めない場合はこれらのスキルをサブにアシストする必要があります。

★2wayで高火力★
水の目覚め+2wayを複数持ったシェアト
遅延+2way複数持ちバルバロッサ
遅延+エンハンス孫権
バインド回復と陣にねね
遅延を2枚積んで、事故を防ぐと同時に
2wayを含んだ10コンボが出来れば
超火力を味わえます。
注意点として火力を出したい場面で2wayを含んだ場合は必ずコンボ加算を使用すると言う事です。2wayを含んだ時点で10コンボは不可能です。落ちコンが入れば可能ですが、それでは運頼みになってしまいます。仮に9コンボで終わってしまった場合、火力が1段階下がる為、総火力は
3個消し10コンボの方が上になります。
盤面と敵次第で上手く2wayを活かしていきましょう。

★相手側に求めるサブ★
バインド回復スキル
(アシスト用)

ターン数の長い遅延スキル
(アシスト用)

エンハンススキル
(アシスト用)

遅延スキルはあるものの、ターン数が短い為、事故防止用に長い遅延スキルが必要です。エンハンスも2倍しか出ない為、
超高難度ダンジョンでは火力不足が懸念される為、保険でメルクリアを
アシストしておいた方が良いでしょう。

★ドロップ強化ゴリ押し★
回復+水ドロップを3個ずつ生成
1ターンヘイストのスキルを持った
スミレを4体
一見ネタパにしか見えませんが、
ドロップ強化を複数積んでいる事により火力が非常に高く、スキルが最短7ターン+ヘイストという事でスキルの回転率が高くスキルループが可能。欠損の恐れはほぼ有りません。更に操作時間が長い為、初心者にオススメです。
しかしこの場合なんとなく予想がつくと思いますが、相手側は必ずサポートに回る必要があります。バインド対策と陣は必ず入れてもらって下さい。

★相手側に求めるサブ★
バインド回復

遅延スキル
(アシスト用)

陣スキル

エンハンススキル
(アシスト用)

アシスト前提になってしまうものの、
遅延+水ドロップを強化出来る闇アテナは非常に相性が良いです。
複数体所持している場合はアシスト
することをオススメします。

★火力兼サポート役★
遅延スキルにオロチ
ドロップ生成+火力担当のヨウユウ
水ドロップ目覚めにシェアト
バインド回復担当水着ミル
(水着ミルはバインド回復スキルを
アシスト)
サポートのみではなく、火力にも貢献していけるパーティです。
相手側に求めるサブを極力減らした
優しさに溢れたパーティ編成です。
覚醒スキルに統一性がないものの、
火力が高く、相手側のパーティを火力重視にしてもらえば、安定した立ち回りが
可能になります。

★相手側に求めるサブ★
エンハンススキル

陣スキル

相手側には火力を担当してもらう為、
2体とも自ずと選ばれやすいキャラになっています。

★他に相性の良いサブ★
アマツマガツチ

新覚醒スキルの追い打ちにより、サブに起用する事で
根性対策が可能です。更にスキルにより、ロック解除も可能なので、
サブ候補の1体と言えます。

覚醒アンドロダ

2wayとコンボ強化で火力筆頭キャラ
スキルも回復ドロップと水ドロップを同時に生成
出来る為、安定して立ち回る事が可能です。


ミカサ

水ドロップを生成しつつ、ヘイストでスキルの回転率を
上げていく。更に覚醒スキルがコンボ強化や2wayを
持っている事から、サブ候補の1体 


いくつかのパーティを紹介しましたが、
これはほんの一例にすぎません。
水属性にこだわる必要すらありませんので、何ならサブを闇属性で統一してみたり木属性に統一してみたりと様々です。
ボックス次第で自由に組んでみると良いでしょう。コンボパーティは属性にこだわる必要がない為、持っているキャラのバランスを考えて組めば、たいていは上手く行くと思います。更に
マルチプレイの為、サブの幅は非常に広い為かなり自由度が高いと言えます。
要は高難度ダンジョンで使うなら
必ず対策していくという事。
ソロプレイでは対策しきらない場合もあるかもしれませんが、マルチであれば
ほぼ全ての敵に対応が可能です。
注意しなければならない点は
マルチプレイですので、相手側のパーティを把握しておくという事です。
把握しているだけで、スキルの温存だったり、戦い方が変わってきますので
攻略しやすくなります。
パーティ編成時は覚醒スキルを
意識して組んでいけば、後は相手側次第と言う事です。
野良のマルチプレイはお互いの考えが噛み合わずに上手くいかない事もあるでしょうが、知人であれば話し合いながらプレイしていける為、安定します。
非常に強いリーダーなので、
使った事がない人は一度使用してみてはどうでしょうか?